妊娠線は治療すれば治せる|綺麗なお腹に早変わり

妊娠線の医療治療を受ける

妊婦

いろいろな治療方法がある

妊娠線は真皮層まで傷がある状態です。そのため、コラーゲンを生成するための治療が欠かせません。治療で改善するには、医療機関を受診します。治療方法としては、レーザー治療があります。他にも、炭酸ガスメソセラピーや赤外線治療、針治療が有効です。これによりコラーゲンが活発に生み出され、肌の代謝をよくして妊娠線を薄くすることができます。レーザーを照射すると、肌が再生されるようになります。施術後には、ダウンタイムが必要であり、およそ1か月程度です。施術回数は6回から10回程度で、月1回ぐらいの間隔で通います。費用の相場は、お腹周りでだいたい3万円から6万円程度です。レーザーの機種によっても金額が変わってきます。範囲が広ければ広いほど、また亀裂の深さによっても料金に差が出てきます。すべて治療したら20万円かかることもあります。炭酸ガスの場合は、1回につき3,4万円かかり、赤外線照射に関しては1回10万円以上かかることがあります。針治療は1回5万円程度です。そのため、あらかじめクリニックごとの費用を比較しておくことが大切です。また治療をするにしても、食事を適切にし、体重を増加させないことは大切です。コラーゲンが生成されやすい身体にするためにも、インスタント食品に頼らずしっかりと栄養を摂ることが大切です。代謝をよくするために、適度な運動も心がけましょう。妊娠線が消えやすい身体になるよう準備しておけば、通う回数も少なくなり、費用もその分かけずに済みます。