妊娠線は治療すれば治せる|綺麗なお腹に早変わり

消えないものはクリニック

お腹

妊娠後期になると、お腹のふくらみが急激に大きくなります。すると皮膚が断裂してしまうことがあります。これが妊娠線です。一度できてしまうと消すことが難しく、深い溝は残ってしまいます。そこで美容クリニックでの治療が効果的です。レーザーと炭酸ガスの治療法があります。専門の医師の問診と触診で判断が可能です。

妊娠線の医療治療を受ける

妊婦

医療での妊娠線治療を受ける時には、お金の準備をしておき、身体も代謝をよくしておきます。お金がなくて中途半端に治療が終わらないよう、通い続けることのできる状態にしてから妊娠線治療を受けるようにしましょう。

出産後のトラブル解消

カウンセリング

皮膚科で受けられるケア

妊娠線を予防するために妊娠中から専用のクリームなどを使用してきちんとケアしていたとしても、できてしまうことがあります。出産後、妊娠線がどうしても気になるという人は皮膚科などのクリニックで治療を受けることができるため、ぜひ相談してみることをおすすめします。妊娠前のように妊娠線をきれいになくすことは難しいかもしれませんが、薄くなる効果は得られるはずです。様々な治療方法がありますが、ここでは代表的なものについていくつか挙げてみることにします。薬による治療ではトレチノインがよく採用されており、コラーゲンを生成して断裂した組織を改善します。またレーザー治療も効果的で、新しい肌に生まれ変わるのをサポートする働きがあります。さらに、たるみ治療によく利用されているサーマクールも妊娠線を改善する効果を期待することができます。患部に照射するだけで真皮層にコラーゲン組織を作り出すことができるため、体への少ない負担で効果を実感したいという人におすすめです。この他にも炭酸ガス治療というものがあり、炭酸ガスを注入することで滞った血液のめぐりを改善する働きがあります。ダーマローラーというローラーを利用した治療方法も妊娠線の治療に採用されており、わざと肌を傷つけることで肌を再生させて改善します。これらの治療には妊娠線を改善する効果はあっても完全に消すことは難しいと言われており、この点を理解した上で治療を受けることをおすすめします。

妊娠線の治療

カウンセリング

妊娠線の治療は保湿だけでなく、病院で処置してもらう事もできるようになっています。病院ではレーザー照射や瘢痕修正術が行われており、レーザーは複数回照射し、瘢痕修正術の時は麻酔を利用して切開と縫合が行われます。